-

車種から検索する
商品検索
会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ショッピングカートを見る
フリーページ
メールマガジン
サイト登録
おすすめ商品
rss atom

本物の音楽を楽しもう!

車載用Timedomainスピーカーシステム

 

たった二つのたまご型スピーカーがカーオーディオの常識を覆します!
奇跡のスピーカーTimedomain lightはホーム用スピーカーとして、その高い性能を評価されていますが、サウンズファンではこの素晴らしいスピーカーを何とかカーオーディオとして利用できないか、試行錯誤してまいりました。
Timedomain lightのクリアな音を損なわない設置方法や、さまざまなノイズへの対策を経て、ようやく、車載化に成功いたしました!

これまでのカースピーカーでは、音場環境はツイーターとウーファーを組み合わせて組み立てるのが常識でしたが、フルレンジスピーカー2個(ステレオ)というこの上ないシンプルな構成により、とてもクリアーで繊細な音楽が楽しめるようになります。

この感動は、体感いただかなければわかりません。

たった二つのスピーカーが、あなたの価値観を変えるかも知れませんよ!

システム構成

・Timedomain light

・AppleコンポジットAVケーブル(アップル純正)

・ノイズアダプター

・配線一式

・インストール作業一式

販売価格:67,800円(税込)

特徴

☆システムはシンプルに!音源はiPod専用!
既存のカーオーディオとは別システムとすることで、ヘッドユニットに依存しないシンプルな音楽専用システムです。(※カーラジオやカーナビから直接出力したい場合は、別途ご相談くださいませ。)
 
☆なんといっても音質がgood!
高音質への考え方がこれまでのカーオーディオシステムとは全く違ったアプローチなので、別次元のクリアーさです。録音されたすべての音が聴こえる。奏者の動きまで感じる。原音に忠実というのはそういうことだったのかと気付かされます。
 
☆サウンズファンオリジナルインストール
ホーム用スピーカーを車載するのは簡単な事ではありませんでした。スピーカーの特性を殺さない設置法と、自動車電源特有のノイズ対策。これにより車室内でもクリアーなサウンドを楽しめるようになりました。また、アンプ部は車両に合わせてコントロールしやすい位置へ埋め込み設置いたします。
 
☆抜群のコストパフォーマンス!
一般にカースピーカーをグレードアップしようとすると、スピーカーを設置しているドアの内部補強や音漏れ対策から始めます。デッドニングといわれる作業です。スピーカー単体なら中グレードのもので4〜5万円程度で販売されていますが、その性能をしっかり発揮させるためには、どうしてもこのデッドニングが必要不可欠なので、フロントスピーカーだけ交換してもすぐに10万円近いトータル費用となります。しかし、本システムではスピーカーそのものが独立しているので、そういったドア内部の補強が不要です。また、フロントスピーカー・リアスピーカーという考え方ではなく、2個のスピーカーで車室内すべてで良い音が楽しめるので、リアスピーカーシステムを考える必要がありません。しかも出力される音はとってもクリアー!

Q&A

Qスピーカーの色は白だけですか?
A基本色は白のみとなります。別途オプションで塗装も承ります。塗装費用は10,500円(税込)です。ブラック・レッド・イエローなど、ご指定くださいませ。
 
Q既存のオーディオシステムはどうなりますか?
Aもともとある純正オーディオや市販のナビシステムは、すべてそのままご利用いただけます。それらの音声はいまあるスピーカーから再生されます。
 
Q純正オーディオや市販ナビの音声をTimedomainシステムで再生できますか?
A技術的には可能です。実現されたい内容によって配線方法が異なりますので、個別にご相談くださいませ。
 
QiPod専用という事ですが、iPod以外のポータブルオーディオプレイヤーは使えますか?
A部品構成を変更することで対応可能です。個別にご相談くださいませ。
 
Qたった2個のスピーカーで本当に高音質が実現できるんですか?
Aはい、できます。Timedomain lightはホーム用スピーカーとして高い評価を得ているスピーカーです。通常のお車であれば、十分車室内をカバーできる性能を備えています。
 
Q純正システムでは6個のスピーカーが付いているようです。やはり2個では不安なんですが大丈夫ですか?
A純正システムではたくさんのスピーカーを高音質の根拠としてアピールする傾向がありますが、スピーカーの数が増えれば音質が良くなるという理屈はありません。むしろ数が増えるごとに音がぼやけていきます。ぼやけた音を補うために、高音をはっきりと出すツイーターを追加したり、迫力ある低音を演出して高級感を出したりというのが、従来のカースピーカーシステムの考え方でした。また、スピーカーの数が多いと、カタログ上での受けも良くアピールしやすいという側面もあるようです。たくさんのスピーカーを用意するよりも、ちゃんとしたスピーカー2個の方がずっとクリアーで繊細な音を再生できるのです。
 
Q2個のスピーカーはフロントに取り付けるようですが、後部座席では聴きとりにくくなりませんか?
A後部座席へ配慮している訳では無いのですが、スピーカーの特性上、若干上向きに設置します。これにより車室内のどこにいてもとてもクリアーな音でお楽しみいただけます。後部座席でも全く問題ございません。
 
QTimedomain lightはホーム用という事ですが、車載しても大丈夫ですか?
A音質面では車特有のノイズ対策や、独特な設置方法を取って対策を行っております。製品保証については、メーカーの保証対象外となるため、当社が1年間の保証をさせていただきます。取り付けから1年以内に発生した自然故障については、無償にて修理させていただきます。
 
Qボリューム調整や曲目選択はどのようにすれば良いですか?
Aボリュームはアンプ部のボリュームつまみで調整します。曲目選択はiPodで選曲してください。
 
Q前方視界に悪影響はありませんか?
AちょうどAピラー・Bピラー(スピーカーを設置している箇所)の影になる位置へ設置するので、ほとんど影響はありません。ボディー色が白なので、夜間はフロントガラスへ写り込みがあります。気になるようでしたら、オプションになりますが塗装も承っております。ダッシュボードの色によく利用される黒色などは写り込みが目立ちにくいです。
 
Qアンプはどこへ取り付けますか?
A車両を見ながらの相談となります。灰皿部や小物入れ部が候補です。ボリューム調整が必要なので、なるべく手の届きやすい場所がおすすめです。
 
Qバッテリーやその他の車両システムへの影響はありませんか?
A電源はエンジンに連動して落ちるので、バッテリー上がりの原因となる事はありません。また、その他の車両システムへの影響もありません。
 
Q対応するiPodはどれですか?
AAppleコンポジットAVケーブル(アップル純正)の対象が対応品となります。詳しくはアップル社ホームページをご確認くださいませ。
 
QiPodの映像をカーナビモニターへ出力できますか?
AAppleコンポジットAVケーブル(アップル純正)で映像を出力できるiPodなら映像の出力は可能です。純正モニターや市販ナビへの映像入力については別途アダプターが必要となるケースもございますので、個別にご相談くださいませ。
 
Q試聴できますか?
A当社にデモカーがございます。試聴は予約制ですので、事前にお問い合わせくださいませ。(TEL:050-3632-2010 MAIL:funcars@sounds-fun.co.jp